一定の成果を得やすい|種から育てる作物の栽培方法

作物による難易度

園芸用品

初めて家庭菜園を行なう場合、難易度の低い作物から育てることをおすすめします。作物の中には、難易度の高いものと低いものがあり、初心者が難易度の高いものを育てようとすると、大抵の場合失敗してしまいます。そのため、まずは育てやすいものから育てていきましょう。種で育てやすい作物には、ミニキャロットやプチトマト、そして大根などがあります。特に大根は収穫の時期も早く、プランターでも育てることのできるミニ大根の種も通販やお店で簡単に買えるので、初めての家庭菜園には向いています。
大根をプランターで育てる場合、前述したミニ大根の種を使用することになります。土は基本的に市販品の培養土で問題ありません。大根の芽が出るまでの間は、とにかく水やりが大事です。土の表面が乾燥していたら、すかさず水をやりましょう。しかし、水の勢いが強すぎると種が流れ出てしまうため、優しくみずをあげるようにしましょう。また、育ち始めてたくさん葉が成り始めたら、間引きを行ない小さく弱々しい葉を取り除きましょう。
大根を育てる場合、種類によって育て方や肥料のタイミングが若干違ってきます。そのため、初めて栽培を行なうのであれば本を読んだりインターネットで栽培方法を調べ、その方法を実践するのが一番確実です。大根は、大体二ヶ月程度で収穫できるため、気が短い人でも飽きずに家庭菜園が楽しめます。また、品種改良もよく行なわれており、様々な種類の大根があるので、聞いたことのない大根を育てるのも面白いかもしれません。