家庭菜園の初心者へ|種から育てる作物の栽培方法

土はお店で購入を

土

種を育てるのには、土と肥料が重要になります。土の種類によって種が発芽しない可能性も考えられるので、土選びからきちんと行ないましょう。なお、通販サイトでも土は購入できます。

More Detail

鳥に注意

ガーデニング

家庭菜園で気を付けるべきは、鳥です。鳥が目や種をついばむことが考えられるため、鳥よけの対策はきちんとしておきましょう。基本的には、鳥よけネットなどを使い、作物を守ることになります。

More Detail

家庭菜園を始める

女性

近年、家庭菜園を始める人は増えています。アパート住まいでも日光とプランターがあればテラスにおいて水やりをするだけで作物を育てることができるので、緑が家にほしい方や少し興味がある人が始めています。しかし、きちんとした作物を育てるというのは非常に難しいです。水や土、日光だけではなく、肥料や間引きなど、本格的に始めようとするならば様々な知識を得なければなりません。もし、適当に育てていた場合、作物は貧相なものや途中で枯れてしまうこともあるので家庭菜園で失敗しないためにはある程度様々な知識を身に着けておきましょう。
家庭菜園初心者の場合は、種から育てる作物の栽培から始めましょう。なぜなら、苗木からの栽培よりも種から育てる作物のほうが、より多くの基礎知識を学ぶことができ、基礎知識通りに栽培を行なうことで一定の成果を得やすいからです。また、種のほうが作物の種類が豊富であり、初心者向けの作物の種も多くあるからです。また、種は入手もしやすく、持ち運びも非常に楽だというのもポイントです。
作物の種は、以前ならホームセンターや園芸店で購入するのが基本でしたが、近年ではインターネット通販でも手軽に買えるようになりました。店舗で買うのと値段は変わりませんが、中には珍しい作物の種が販売されていたり、通販サイト自体が家庭菜園初心者向けの記事を書いていることもあるので、初心者の場合は通販サイトを一度チェックしてみましょう。

作物による難易度

園芸用品

作物の中には、難易度の高いものから低いものまでなんでも揃っています。初心者の場合は無理をせず、育てやすい作物の種を植えて育てることで、家庭菜園の流れをつかみましょう。

More Detail